オーストラリア人彼女との国際恋愛ブログ、ときどき英会話

オーストラリア人彼女との国際恋愛と英会話についてのブログです。

【vol.48】パースでタイ古式マッサージを受けてきました。

f:id:hide-hidenori800:20170313010219j:plain

 

皆さん、こんにちは。ワーキングホリデーでオーストラリアのパースに滞在している、オサレなブランチ(笑)メーカーのHideです。毎日オージーやヨーロピアンに囲まれてもりもりサービスしてます。

 

今の仕事ですが、メインで週5ローカルのカフェと、残りの2日をローカルレストランという形で働いております。数字に強い方ならピンと来たかもしれませんが、一週間は7日しかありません。つまり、現在怒濤の14連勤ということです。

 

いよいよ体力的にもヤバいので、本日の仕事終わりに近所のタイ古式マッサージ屋さんに行ってきました。実は以前、fuckinギリシャレストランで働いてた時も体力の限界を感じた事があり、このマッサージ屋さんに行ったことがあるんですけど、もうその時もトロトロのアヘアヘになったので、今回もトロアへにしてもらおうと思い財布を握りしめて行きました。

 

その結果、開始10分で既に絶頂し、施術が終わる頃には血液が全身に行き渡るのを感じるくらい身体が活性化していました。滞っていたものが全て流れる感じです。タイマッサージって、見た目すごくアクロバットでドぎつい感じですが、実はすでに身体がかなりほぐされている状態なので痛みを感じないんですよね。

 

施術が終わった後はすげぇ身体が軽くなってましたし、身体の末端まで血が通ってるのが分かりましたし、血流がよくなったおかげか声の調子もすごくよくなりました。

 

帰り道とかすごく気分が良かったので、家までの道をビデオ撮影なんてしちゃいました。ていうか、オーストラリアの日々を動画にまとめるのってアリですよね完全に。

 

それでは今回も読んで頂き、ありがとうございました。

【vol.47】ワーホリメーカーがやるべきローカルジョブとは

f:id:hide-hidenori800:20170302171109j:plain

皆さん、こんにちは。ワーキングホリデーでオーストラリアのパースに滞在している、最近新しい仕事を始めていい感じになってるHideです。

 

さて、数週間前にジョブハンティングを始めてから一週間足らずで複数の仕事をゲットした我が輩ですが、すでに何度かシフトに入れてもらって、段々勝手が分かり始めてきて楽しい時期になって参りました。

 

今までオーストラリアで色んな仕事を経験してきました。全ての仕事を経験したとは言いませんが、割と経験は豊かな方ではないかと思います。そんな僕が、トータルで最強だなと思った仕事を紹介します。

 

それはずばり、ローカルのカフェです。レストランではなく、カフェです。現在ローカルのカフェでシェフをしています。ローカルのカフェ、なんて甘美な響きなのでしょうか。それはさておき、なぜローカルのカフェを推すかというと、

 

  • 比較的高時給
    (パースのジャパレスで18ドル、ローカルレストランのキッチンハンドで21ドル程が相場です。僕は平日25ドル、休日30ドル貰ってます。ファームは当たり外れがあります)

  • 圧倒的英語環境
    (アジア系レストランは言わずもがな、実はローカルのレストランの特にキッチンはアジア人とかヨーロピアンが多く、オーストラリア人のシェフってすごく少ないです。カフェはフロントスタッフもキッチンもオージーが多いです)

  • 生活リズムが整う
    (昼過ぎには店を締めるので、仕事が終わった後の時間をフル活用できます。でも、夜のシフトとかだと、仕事始めまで特に遊びに行く気分にもなれず、仕事終わったら夜中なので後は寝るだけ、みたいな一日になっちゃいます。なお、生活リズムが整う点はファームも一緒です)

  • 働いてる人がフレンドリーな傾向にある
    (キッチンはbull shit とかmother fuckerとかhow long!?とか、何かとオフェンシブな人が多いですが、カフェの人達は比較的というか完全に穏やかな人が多いです。なんかオシャレだし)

  • 市内に住める
    (ファームは運が良ければ時給もいいし英語環境だし生活リズムも整うけど、ここがファームジョブとの決定的な違いかもしれません)

  • 賄いがあるので食費が浮く
    (レストランも同様です。余ったものを持ち帰ったりも出来ます。今日はケーキとマフィンとパンをもらいました。ファームや工場、ドライバー、スーパーマーケットの仕事では食材はゲットできても料理そのものをその場で食べる事は難しいでしょう)

  • コーヒー飲み放題
    (最強か)

 

以上、ローカルのカフェで働いてて感じた長所でした。あえて欠点を言うのであれば、レストランに比べて賄いがヘルシー過ぎることくらいでしょうか。もうちょっと脂っこいもの食べたい←

まぁ、カフェだしね。基本はブランチとか軽食系です。

 

あともう一つ大きな欠点があるのですが、非常に狭き門だということですね。キッチンだと、基本的にキッチンハンドは必要なく、仕込みも料理の提供も両方出来る、いわゆるシェフとしてのスキルがないと仕事にありつけません。写真は僕が作ったフレンチトーストですが、こういうのをモリモリ作ります。フロントスタッフなら英語力は必須です。料理スキルもあるし英語もバッチリだぜ!っていう人ならカフェでの仕事は見つけやすいと思います。

 

カフェにレジュメ配ってた時に、バリスタ探してるんだけどコーヒー淹れられるかってよく聞かれたので、そういうコースを履修してみるのもいいかもしれません。

 

それでは今回も読んで頂き、ありがとうございました。

【vol.46】翻訳の技術が発展していく現代、英語を学ぶ意味とは?

皆さん、こんにちは。ワーキングホリデーでオーストラリアのパースに滞在している、ビール飲み過ぎて寝付けない?Hideです。

 

さて、友達のブログ読んでたら、自動翻訳について記事書いてて、海外に住んで一年半が経った者として、この時代に英語を学ぶ意義について考えてみました。俺は、完全に自分で英語を勉強する派です。僕の心は自分で勉強した方がいいって言ってるのですが、なぜいいのかを今論理的に説明する事ができないので、ブログに思いつくまで書きなぐって、それらが磨かれて結論が出るのを待ってみたいと思うので、だんだん結論に近づいていく過程をお楽しみください。それではいってみましょう。

 

はい、まず第一に、単純にテンポ悪くないですかね?お互いの言語が分からないから通訳とか翻訳の仕事がある訳ですけど、出来るなら相手と自分の間で直接コミュニケーションした方が単純に早くないですか?スピードが要求される場面、例えばキッチンや工事現場で働いてて、一回一回翻訳機見てたらその分ロスが発生するし、下手すれば命の危険もありますよね。

 

それに、伝言ゲームのように、間に何か挟むと余計な情報が混ざるんですよね。人間同士でも起こりえるんだから、人間と機械がごっちゃになった世界だと余計混沌としそうです。そのフィルターが完璧だとしても、自分で直接見たり聞いたりした情報を信じたいと思うのです。

 

あと、俺にはどうしても、機械が人間の感情や感性を再現できるとは思えないのです。I love youを月が綺麗ですね、なんて誰が言えましょう?言葉に込められたニュアンス、背景にある複雑な感情の入り乱れた世界を伝える事が機械に出来ますか?「あなたなんて大嫌い」という文章、人間ならそんなこといいつつも本当は好きなんじゃないの?とか、素直になれないの、とかそういう洞察も出来ますけど、多分機械はそのままI hate you.ですよ。

 

映画とか小説読んでても、英語と日本語では若干ニュアンスの違いがあったりしますよね。英語勉強してきた今なら、「え?あれそういう意味なん?」ってなる瞬間結構あります。

 

そして、外人に愛を囁く時。君って本当に可愛いね、っていうのを翻訳してそれ読み上げて、発音悪くて聞き取ってもらえなかったら翻訳した文章見せて、とか、そんなことで口説けるのか甚だ疑問です、って言おうとしたけど、なんかやりようによってはロマンチックになりそうやな。言葉も通じないけど、心同士が引かれ合った二人が一生懸命愛を育むエロ漫画。

 

あかんブレ始めた。

 

でもさ、相手の瞳を一生懸命見つめながら、スマホを相手の方に向けて「Je t'aime(フランス語でI love you)」ってやってるの、何かアホっぽい…笑

 

で、書いてて思いましたけど、いくら翻訳の技術が発展しても、人間のハートの部分については機械はとって代われないのではないでしょうか。翻訳にしても、ただ訳すだけじゃなくて、より感性を研ぎすませて、言葉の深いところにある感情を引きずり出せるような、そういうスキルを持ってる人が生き残っていくような。

 

逆に、公文書とか、業務的な翻訳などについては機械にガンガン仕事奪われていきそうですね。そこまでハートがこもってない部分。

 

つまり誰にでもできる仕事って、多分そこまで感情とかを大事にしない仕事なんでしょうな。逆にこれからも生き残る仕事をする人は、自分や相手の感情を大切にできるような人なんでしょう。

 

ということは、同じ仕事をしていても、よりハートの部分を大事にしていける人が残っていき、相手のハートを直接感じるためにも、コミュニケーションツールである言語を習得した方がいい、というのが僕の見解です。

 

翻訳だけじゃなくて、いかに相手の心をつかむ仕事ができるか、というのがこれから何をする上でも重要なのではないでしょうか。僕も読んでくれてる人の心に残るような文章を書けるようになりたいものです。ほら、いい感じに結論が出た。思いつくまま書いてみるって大事な事ですな。これから何か疑問が出てきたら書きまくろう←迷惑行為

 

それでは今回も読んで頂き、ありがとうございました。

【vol.45】ローカルジョブをゲットするのに必要なフレーズ10選

皆さん、こんにちは。ワーキングホリデーでオーストラリアのパースに滞在している、ビール飲み過ぎて気持ちよくなってるHideです。

 

さて、仕事探し二日目ですが、今朝も一件トライアルの連絡があり、いい感じに事は進んでいます。そして本日、某ローカルレストランでのトライアルがあり、今までのスキルを遺憾なく発揮した結果、無事採用となりました☆

 

ただ、自分が欲しい料理スキルとはちょっと方向性が違うというかそんな感じなので、セカンドジョブも欲しいし職探しはゆるーく続けたいと思います。

 

履歴書配ってたり、実際にトライアル受けたり働いてみた感想ですが、月並みで恐縮ですが、やはり英語力は必須です。だってここオーストラリアだぜ。

 

英語でマネージャーを引きずり出すのも、自分を売り込むのも、電話かかってきてトライアルの日程決めるのも、現場で指示を理解して働くのも、コミュニケーションをとるのも、もちろん全部英語です。仕事探しを円滑にするためにも、ワーホリ前のフィリピン語学留学というのは効果的だったと実感します。

 

という訳で、自分が仕事を探している時に使ってたフレーズを紹介しちゃいます。

 

  1. hello,I'm looking for a job,may I speak to your manager?
    やぁ!今仕事探してるんだけど、マネージャーと話できるかな?

  2. oh,nice to meet you Mr/Ms.manager!!
    マネージャー様!ごきげんよう

  3. would you like someone work for you?
    あなたに尽くしたい所存です!

  4. I'd like to work in kitchen.
    キッチンで働きたいよぉ…

  5. I have an experience working in kitchen
    キッチン童貞ではありません。

  6. I'm on a working holiday visa,it's available until this Octorber.
    俺っちワーホリで来てるんだ!今年の10月までいれるよ!

  7. I'm available 7 days 24 hours.
    365日24時間粉骨砕身貢献致します。

  8. I'm pretty confident that I'm No.1 kitchen hand in Perth.
    私の皿洗い力は53万です。

  9. I'm sure I'm better than corrent stuffs
    私よりあの子の方がいいって言うの…!?

  10. so,how can I get in touch with you?
    ところで、君の電話番号が知りたいんだけど、教えてよ。

 

という訳で、突撃したカフェで働いてるウェイトレスのお姉ちゃんが色気ムンムンでとっても可愛かった時にも流れでスラッとナンパできるようなフレーズも載せました。僕はこのフレーズを駆使してマネージャーを引きずり出したり、自分の経験やスキルをアピールして仕事を探しています。

 

口から出任せでもいいので、まずは土俵に立つ事を優先しましょう。それで上手くいかなくても、どうせ失うものはないんだし、運良く仕事がゲットできたら儲け物です。それに、それくらいの積極性がないと仕事をゲットした後も生き残っていくのが超大変だと思います。既存のスタッフにシフトを奪われたり、毎日何人もの人がレジュメを配っているので、下手すればそいつらに喰われかねません。だってここオーストラリアだぜ。

 

という訳で、パースで働いている皆さん、今からあなたのナワバリ荒らしにいくのでヨロピク☆

 

それでは今回も読んで頂き、ありがとうございました。

【vol.44】パースでのローカルジョブ事情について

皆さん、こんにちは。ワーキングホリデーでオーストラリアのパースに滞在している、再び求職中のHideです。

 

さて、某ギリシャレストランを辞めてから一ヶ月が経ち、そろそろニート生活も飽きてきたので仕事探しを再開しました。

 

僕の場合はすでにローカルジョブの経験があるので、自分を売り込みやすいしキッチンでの経験はあるか?と聞かれた時にも非常に展開しやすいです。

 

まだ仕事探し始めて初日なので何とも言えませんが、2月現在はまだ夏ということもあり、比較的求人が多いように思えます。レストランに限って話をすると、12〜1月の夏場に求人のピークが来て、それから徐々に落ち込み、冬になると仕事を見つけるのがかなり厳しくなります。個人的な感覚ですが、表にすると、

 

1月:very easy

2月:easy

3月:easy〜normal

4月:normal

5月:hard

6月:nightmare

7月:hard

8月:normal

9月:normal

10月:easy

11月:easy〜very easy

12月:very easy

 

って感じです自分の手応え的には。4月は、ローカルジョブ未経験の段階でも仕事をゲットすることが出来ましたが、難易度は跳ね上がりますし、未経験だと運良く仕事をゲットできても、スキル不足によりクビになったりシフトを減らされる可能性が高いです。

 

現在WA州は不景気だと言われていますが、それなりに求人は出てますしその気になれば仕事はゲットできるんじゃないかなって思います。それでもローカルジョブゲットするのが難しいって言うのであれば、ジャパレスで数ヶ月経験詰んでからローカルジョブハンティングをスタートしてもいいのではないでしょうか。

 

今日は家の近所と繁華街エリアを攻めてきて、トライアル一件と面接一件それぞれゲットしてきました。明日も引き続きパース市内を中心に攻めて行きたいと思います。

 

それでは今回も読んで頂き、ありがとうございました。

【vol.43】モンキーマイアに行ってきました!

f:id:hide-hidenori800:20170214143225j:plain

 

皆さん、こんにちは。ワーキングホリデーでオーストラリアのパースに滞在している、先週の旅行が楽し過ぎて反動でブルーになってるHideです。

 

さて、先週の一週間彼女と一緒に旅行してきました。パースから北へ走ること約1,000km、世界遺産のシャークベイにあるモンキーマイアというリゾート地です。

 

早朝の三時から出発して、ジェラルトンやシェルビーチ等、ちょいちょい寄り道したにしても、結局到着したのは夕方の六時という超ロングドライブ。でも、途中のジェラルトンでは野生のアシカが見れたり、シェルビーチはその名のごとく一面貝殻が敷き詰められたビーチでまさに天国そのもの。途中の道もコロコロ変わる景色がとっても面白くて、時間を感じさせない道のりでした。

 

本命のモンキーマイアですが、僕らが宿泊したのはモンキーマイアドルフィンリゾートというホテルで、バー、レストラン、プール、スーパー、ツアーの受付、その他諸々揃ったまさにリゾートホテルで、しかも三泊四日で二人合わせて、しかも2人部屋に泊まって二人合わせて300ドルという超破格の値段で、部屋も施設もすごく綺麗で最高の時間を過ごせました。

 

ホテルはビーチに隣接してて、目の前がビーチという最高のロケーション。昼間泳いで、レストランでディナー、ビーチに寝転がってビールを飲みながら夕陽を眺め、夜はバーでしっぽり飲むという最強コンボ発動しまくりでした。

 

色々なツアーもあって、僕らが行ったのは野生の海洋生物を見るクルージングです。イルカやサメ、そしてなんとジュゴンといったレアな生き物が見れて大興奮。しかもその後に、いったん陸に上がって休憩した後、サンセットを船の上から眺められるツアーもついて一人99ドルでした。

 

更に北上すればカナーボンやエクスマウスといった観光地があり、パースに帰る途中にはNature's windowで有名なカルバリー、港町のジェラルトン、そしてこの世とは思えないような奇岩だらけの砂漠・ピナクルズにも行けるので、WA州にいる人はぜひシャークベイエリアにおでかけしてみてはいかがでしょうか?

 

何枚か写真載せますね。

f:id:hide-hidenori800:20170214144816j:plain

f:id:hide-hidenori800:20170214144907j:plain

f:id:hide-hidenori800:20170214144941j:plain

 

もし希望があれば旅行の詳細も書いてみたいと思います。

 

それでは今回も読んで頂き、ありがとうございました。

 

【vol.42】デイトリップに行ってきた話。

皆さん、こんにちは。ワーキングホリデーでオーストラリアのパースに滞在している、筋トレし過ぎて腕がプルプルしてるHideです。

 

さて、先日ですが、彼女と日帰り旅行(day trip)に行ってきました。Yallingup(ヤリンガップ)というパースから約三時間程ドライブした場所なのですが、もう最高にchillってました。

ここはnature spaっていうところなのですが、文字通り大きな岩風呂みたいな形になっていて、天然のプールで遊ぶことが出来ます。波が打ち寄せてきた時にこのような感じで炸裂するのですが、迫力満点で超楽しいですよ。

 

f:id:hide-hidenori800:20170131214327j:plain

 

その他にもハチミツ屋さんやラベンダーに特化したカフェ、オーストラリア最南西端の海に行ったりと、あちこち飛び回りました。帰りはハイウェイのパーキングエリアにあるファーストフードのチキン屋さんにて、二人で無言でチキンにむしゃぶりついてました。

 

明後日からは一週間程旅行に行ってきます。イルカがいる海や、貝殻で出来たビーチなど見所満載です。

 

それでは今回も読んで頂き、ありがとうございました。