読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリア人彼女との国際恋愛ブログ、ときどき英会話

オーストラリア人彼女との国際恋愛と英会話についてのブログです。

【vol.15】cuteなのsexyなのどっちが好きなの?

皆さん、こんにちは。ワーキングホリデーでオーストラリアのパースに滞在している、激務真っ最中のHideです。深夜1時に帰って来てブログ書いて6時に起きて8時から仕事とか fuck'in ridiculous(まじでアホくせー)。

 

さて、今日は激務の真っ最中に彼女が俺氏に会いに職場まで来てくれました。例のごとく仕事中であろうが人前であろうがお客さんがいようが他のシェフがシコシコ働いてようが公園にいるヤク中が意味分からん事叫んでようが、僕らは熱い接吻を交わしました。

 

その後なんですけど、恐らくあまり英語が得意ではない同僚が、Hideの彼女、cuteだねって言って来たんですよ。

 

cute。

 

可愛いって意味。でも、prettyってのも可愛いって意味あるよね。なんなん、一緒な言葉なん?

 

実は両者には決定的な違いがあります。それは、性的なニュアンスがあるかどうか。cuteには性的な意味はなく、例えば犬とか赤ちゃんをみて「可愛いいぃぃぃぃぃぃいんああああああああああ」ってなる時のアレです。

 

逆にprettyってのは、もうガッツリといやらしい目で見てる感じです。それはもう全身くまなくむだ毛の剃り残しまでこそぎとらんばかりの勢いでガン見してます。完全に性の対象になってます。

 

そして、男に対してcuteって言う場合。日本では、男としてってよりも、なんかマスコット的な、雄のニオイを感じさせない、いわば子犬と同類項的な扱いをうけますけど、英語圏ではこれはものっすごい褒め言葉らしいです。今すぐたくましく反り返った男の象徴としてのソレに激しく貫かれたいってレベルらしいです。ぶらさげてるものが全然cuteじゃなくてもcuteです。ものっすごくtinyで可愛らしくてもcuteです。つまり男根はcuteなのです。cute of cute.

 

という訳で、女の子をねっとり英語で口説きたい場合は、それぞれの言葉のニュアンスを知っておくと口説きの幅が広がるので知っておくと便利ですよって話です。

 

つーか日本ではありとあらゆるものが可愛いって言われてますよね。子猫を見たら可愛い。おしゃれな食器をみたら可愛い。一日中仕事して蒸れまくってる脱ぎたての靴下も可愛い。ビーツ食べて真っ赤になったうんこも可愛い。なにもかもが可愛い。うぇーいとやばいと可愛い、この三つの単語だけで達人同士は一時間会話できるという。まじそれやばーい、超可愛いんですけど。それでは今回も読んで頂き、ありがとうございましうぇーい。