読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリア人彼女との国際恋愛ブログ、ときどき英会話

オーストラリア人彼女との国際恋愛と英会話についてのブログです。

【vol.31】白人コンプレックスの乗り越え方について

皆さん、こんにちは。ワーキングホリデーでオーストラリアのパースに滞在している、ストレスマッハのHideです。でもこのストレスを逆手に取って重大な気付きがあったので記事にします。

 

※誤解されると気分が悪いので先に断っておきますが、私は人種差別者ではありません。そのように解釈できるような文章であっても、差別してる訳ではないのでどうか温かい気持ちで読んで下さい。

 

さて皆さん、タイトルにある「白人コンプレックス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。文字通り私達日本人がいわゆる白人と呼ばれる人種に対して抱えるコンプレックスのことです。憧れのヨーロッパの国々から来て、私達とはかけ離れたスタイルやルックスを持ち、英語も堪能な人達が多い白人と呼ばれる人達。そんな人達に対して、心のどこかに劣等感を抱えている人は少なからずいるのではないでしょうか?

 

ぶっちゃけた話、特にワーホリ初期の頃はこの白人コンプレックスを抱えてました。極端に言うと、白人というだけで俺よりすげぇ、的な。そんな感じで、白人に対して強く出れなかったり、尻込んだりすることがありました。今から思えば、白人と比べて自分の英語力や筋肉(笑)、その他諸々総合的な観点から言って自分に自信がなかったからだと思います。

 

閑話休題

一ヶ月ほど前に新たに加わったキッチンハンドのフレンチ野郎がいます。絵に描いたような見た目のフランス人で、1年前の私なら恐れ戦いていたことでしょう。しかしながらですね、彼の仕事ぶりがですね、totally pretty bullshitなんです。ミスってもexcuse(言い訳)ばかり。は?何こいつ?馬鹿なの死ぬの?ついにぶち切れた俺はそれはそれは口論に。結果的に他のシェフからの信頼を得ている俺氏は優遇され、彼はガッツリシフトを削られる羽目になったのですが、彼のせいで水浸しになったすりおろしキュウリを手で絞って水を切ってる間に伝票が止めどなく流れて来た時には本当に死ぬより辛い目に合わせてやろうかってマジで激おこプンプン丸でした。

 

その時ですね、気付いたんですよね。あ、俺氏白人に対してぶち切れモードだわ。コンプレックスとかどっかいってるわ、と。昔の俺ならフレンチ相手に縮こまってたかもしれんけど、言うまでもないことだけどフランス人だからすごいって訳じゃないんだという当たり前の事実に気付いた訳なんですね。

 

もちろん、海外生活を通して自分の中に揺るぎない自信が付いてきたのも事実です。英語が話せるようになったからとか、外人の彼女が出来たからとか、そういう表面的なことじゃなく、俺が俺であることに対しての自信。一言で言うと俺は俺というだけですごい、ということですよね。そういったものがようやく自分の中に生まれて、フィリピンやオーストラリアという異国の地で暮らしてるうちに時間をかけてメキメキと育っていったのです。

 

実は低かった自己評価が高い位置に定まり、規格外に設定していた白人への評価が適切な位置に戻ったという二者の絶妙なタイミングとバランスにより、抱えていた白人コンプレックスは見事に消滅しました。

 

これは何も白人コンプレックスに限った話ではありません。一流の学歴を持つからといってその人の人格が一流な訳ではありません。そのような人の中にもクソみたいな人間もたくさんいます。同様に役職持ちだからといってすごいかといえばそんなこともありません。もちろんいい大学に入れたことや、社会的に認められたという実績はすごいと思いますが、それだけでは人間の価値は決まらないし、そんなこと言い出したら顔がいい順に偉いという暴力的な理論もある意味成り立ちかねませんよね。クソなやつはクソだしすごいやつはすごいんです。その人がshitなのかgreatなのかは自分の感性で判断すればいい。

 

ちなみに、年上の人や社会的に格上の人達と会う時もこの理論は応用できます。根拠はなくとも自分は相手と同格もしくはそれ以上であると思い込むことで、素の自分で接することが出来るので結果的に自分のやりやすいように出来ます。

 

日本にいる時から抱えていて、海外に出てきて浮き彫りになり、そして乗り越えた白人コンプレックス。なぜコンプレックスがあったのかを深堀りすることで見えてきた自分への自信や感性の大切さ。それを認識させてくれたフレンチガイには、むしろ感謝するべきなのではないかと考えを改め始めました。今度一緒に仕事する時には、感謝の気持ちをこめて、うんと優しくしよう。

 

 

 

 

あwwwでも俺のせいでシフト削られたんだったねwwwもうあんまり会えないねーwwwごめんねーwww